MI6の真実

| コメント(2)
2010/09/24 金曜日

MI6: The History of the Secret Intelligence Service 1909-1949 
MI6: The History of the Secret Intelligence Service 1909-1949
Keith Jeffery / Bloomsbury Publishing PLC (2010-09-14)
Amazonの価格:¥ 2,622 / 紀伊國屋書店の価格を調べる

未読です。買おうかな?どうしようかな?
810ページにたじろいでます...
 

MI6が初めて正史を出版したそう。
サマセット・モームやグレアム・グリーンが
MI6のスパイだったそうですが、やっぱり
アーサー・ランサムが一番意外かな?

でも、本物のスパイってジェームス・ボンド
よりもっと素敵だったのねぇ..
諜報機関をintelligenceというのが納得
できました。

私が大好きなジム・トンプソンには、CIAの
スパイだったという噂もありますが、モーム
がMI6に所属していたというなら、その噂も
信憑性が高まるんじゃないかしら。


オリエンタル・ホテル・バンコクのバンブー
・バーで2人はどんな謀略を巡らしていた
のだろうか...
そしてあの豪華な寝室を美女が訪れて
いたんだろうか?
《上記リンクをクリックするご覧いただけます》



スパイって想像していたよりもっとゴージャス?のぽちっ

人気ブログランキングへ

コメント(2)

わ、この本面白そう!
読んでみたいと思います。
イギリスの諜報機関に勤めていた人って、
辞めるとスパイ時代の話をメディアにペラペラと暴露したり、
推理小説書いたりして、結構口が軽いイメージです(笑)
007シリーズの作者のフレミングも元スパイですしね。
なんかもうちょっと、ミステリアスなままのほうが良い気が・・・
でも、ミーハーだから知りたいけど(笑)

Yumiさん、もう一度こんにちは。

面白そうですが、810ページはねぇ..
翻訳が出るのを待とうかしら?

日本語って、漢字があるから速読訓練なんかしなくても素早く
読めてとても便利な言語だと思う。

イアン・フレミングがスパイだったんじゃなくて、親友の
Bill Dunderdaleという人がスパイだったらしい...

本読まなくても、そのうち情報だけはブログ検索で分かっちゃうかも、
と横着なこと考えたりして;;(^ ^);;

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アクセスランキング

LINKS


SSS多読について知りたい

本のレベル・語数・あらすじ

Scholastic 語数調べ

児童書シリーズを調べる

本の立読み・試聴ができる

大学図書の洋書を探そう!

酒井先生のブログ

ボストンからの洋書ご紹介

メルマガのお申し込み

コージーミステリの館

「大人の英語多読入門」ブログ



ポイント ちょびリッチ
・紀伊国屋WEBでポイント貯めて Amazonでお買い物


・世界のホテルを自分で予約

本のご紹介

私の本(含む共著)


やさしい洋書ガイド


大人のための英語多読入門


ミステリではじめる英語100万語


英語多読完全ブックガイド 4版

連載記事があります


多聴多読マガジン2013年8月号[CD付]

恩師酒井先生の本
多読のおとも

めざせ100万語! 読書記録手帳

全部見えます

ミステリで100万語収録本
表紙をクリックしてね!


YL0〜1の本

YL1〜2の本

YL2の本(1)

YL2の本(2)

YL3の本(1)

YL3の本(2)

YL4の本(1)

YL4の本(2)

YK5の本(1)

YL5の本(2)

YL6の本

YL7の本(1)Ccozy

YL7の本(2)Cozy

YL8の本(1)

YL8の本(2)

 by G-Tools

月別 アーカイブ

アイテム

  • s-2014-06-19 21.44.27.jpg
  • s-2014-06-19 21.42.55.jpg
  • s-2014-06-19 21.46.48.jpg
  • s-2014-06-19 20.52.56.jpg
  • s-2014-06-19 20.56.31.jpg
  • s-IstanbulCevahir.jpg
  • ダウンロード.jpg
  • s-IMG_6512.jpg
  • s-IMG_6510.jpg
  • s-IMG_6519.jpg