L' Angle du Faubourgでランチ

s-DSC00877.jpg2010/05/31 月曜日

パリで2度目のランチは
タイユバンのセカンド店
ラングルです。







おぉっとぅ!みなさんスーツ姿ですわ...

レ・ブキニストが思いの外カジュアルだった
ので、パリって案外気楽なのね、なんて油断
していたら、名門タイユバンの格式なのか、
ミシュラン☆のプライドか、緊張感の漂う店内。

ここで女2人でワインも頼まず食事、って
ちょっと浮くわね。案の定はじの方の席に
案内されました。




              s-DSC00869.jpg

タイユバンカーブのワインがグラスで
頼めるのが喜ばれているお店で野暮
なんですが、アプリコットジュースを頼む。
アミューズはメロンのスープ。

s-DSC00878.jpg

ランチコースにするか、アラカルトで頼むか
メニューをじっくり検討したのですが、
「ちょっとそれお味見させて」なんてお互い
のお皿をつついたりできない雰囲気だし、
同じものを食べようとコースにして、カルト
の前菜からフォアグラのテリーヌを追加。

フォアグラの上に3ミリほどのゼリーが流し
てある。フォン・ド・カナルかな?
ラトラスでは伊勢エビのゼリーを流して
あったけど、あれの方が美味しかった。

付け合わせは、ノワゼットとフィグか何か
甘みのあるもののお団子。

            s-DSC00870.jpg

パンは3種ほど盛り合わせ。

s-DSC00882.jpg

こちらが本来のランチコースの前菜。
エビのタルタルとなす?か何かのスープ。
ちょっと原材料の想像もつきにくい、複雑
かつバランスの取れた美味。分析するより
味わうことに専心する。

パイ皮とベーコンをねじって焼いたスティック
も焼きたてサクサク。

スープの表面にオリーブオイルを数滴浮か
せるのは、東京でも大流行のワザ。ふふ、
このくらいで驚かないわよ。

            s-DSC00888.jpg

メインは仔牛のロースト。エンドウ豆や
ペコロス、ラディッシュなどの小さな野菜
のエチュベは、一切れのベーコンがアク
セント。ソースは若いバルサミコと何か..
少し甘みがある。

s-DSC00895.jpg

イチゴとフロマージュ・ブラン、アイスクリーム
が三段重ねのボリュームのあるデザート。
ソースは種ごとのパッションフルーツ。
抹茶味のパイスティック。スティック好きねぇ。

            s-DSC00898.jpg

コーヒーと、プティフール。
フランスのレストランは、コーヒーはコース
料金とは別勘。だからって頼まない人は
いないようだけど。それでおまけがついて
くるのかしら?


お皿を上げ下げするサービスの人に娘が
フランス語でちょっとお礼などいうので、
だんだん愛想が良くなってくる。

「パリに住んでいるの?」「いえ、ジュネーブ
で。母は東京からなんですけど」なんて会話
で少し気分もくつろぐ。

s-DSC00884.jpg

レストランのドレスコードはテーブルクロス
から推察がつく、といわれてますが、人心地
がついて改めて見てみれば、テーブルに
ついている枠の中にクロスを挟むという、
初めて見る方式。カジュアルな印象ですが。

レ・ブキニストはフランス人のビジネスランチ
客が多かったのですが、ここはフランス人+
外国人のグループが多い。会話がフランス語
だったり英語になったり。お隣の席のお客さん
英語でブラジルの説明をしていました。

海外の取引先などの接待に使われること
が多いお店のようでした。
ランチコース40€、コーヒー4€。

            s-DSC00903.jpg

レストランでは必ずトイレチェック。
カメラを持って入りますが、鏡に自分の
姿が映り混んで、うまく撮れないことも
ままありますね。ここは撮れました。
案外普通。

s-DSC00905.jpg

帰りにお店の外観を撮影したら、向こうの
方に、調理場の人たちが勝手口から外に
出てお喋りしているのが写っていました。
タバコ休憩なんですよね。
シェフが最敬礼してお客さんを送り出して
くれるお店も多い東京とはだいぶ違います。

            s-DSC00913.jpg

お隣の歴史を感じさせる重厚なドアの
右端でも、サービスエプロン姿の女性が
タバコを吸っています。

世界的にもたばこ税が高く1箱700円
以上すると聞きますが、アメリカなんか
よりもずっとタバコを吸う人を見かけます。


その17(シャンゼリゼ)−ヨーロッパ旅行−その19(マカロンを習う)


行ってみないとお店の雰囲気まで分からないわね、のぽちっ
人気ブログランキングへ


◆L' Angle du Faubourg(ラングル・デュ・フォーブール)

住所:195 rue du Faubourg Saint-Honore 75008 Paris
TEL:01 40 74 20 20


View Larger Map

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アクセスランキング

LINKS


SSS多読について知りたい

本のレベル・語数・あらすじ

Scholastic 語数調べ

児童書シリーズを調べる

本の立読み・試聴ができる

大学図書の洋書を探そう!

酒井先生のブログ

ボストンからの洋書ご紹介

メルマガのお申し込み

コージーミステリの館

「大人の英語多読入門」ブログ



ポイント ちょびリッチ
・紀伊国屋WEBでポイント貯めて Amazonでお買い物


・世界のホテルを自分で予約

本のご紹介

私の本(含む共著)


やさしい洋書ガイド


大人のための英語多読入門


ミステリではじめる英語100万語


英語多読完全ブックガイド 4版

連載記事があります


多聴多読マガジン2013年8月号[CD付]

恩師酒井先生の本
多読のおとも

めざせ100万語! 読書記録手帳

全部見えます

ミステリで100万語収録本
表紙をクリックしてね!


YL0〜1の本

YL1〜2の本

YL2の本(1)

YL2の本(2)

YL3の本(1)

YL3の本(2)

YL4の本(1)

YL4の本(2)

YK5の本(1)

YL5の本(2)

YL6の本

YL7の本(1)Ccozy

YL7の本(2)Cozy

YL8の本(1)

YL8の本(2)

 by G-Tools

月別 アーカイブ

アイテム

  • s-2014-06-19 21.44.27.jpg
  • s-2014-06-19 21.42.55.jpg
  • s-2014-06-19 21.46.48.jpg
  • s-2014-06-19 20.52.56.jpg
  • s-2014-06-19 20.56.31.jpg
  • s-IstanbulCevahir.jpg
  • ダウンロード.jpg
  • s-IMG_6512.jpg
  • s-IMG_6510.jpg
  • s-IMG_6519.jpg