パリの合羽橋、 Les Halles(レアル) 巡り

| コメント(2)
s-DSC00364.jpg2010/05/28 金曜日

たくさんのレストランや
カフェのあるパリですから、
合羽橋のような調理器具
専門店の並ぶ地域があり
ます。




地下鉄駅 Les Halles(レアル) 界隈です。

まず、1820年創業の老舗、E.DEHILLERIN
(ドゥイルラン)から。


               s-DSCF1610.jpg

 海外通販をしていますから、日本から買うことも
できますが、お店の在庫はカタログよりも数十倍も
たくさんあって、店内狭しとぎっしり。  
このお店にないものはないんじゃないかと思う
品揃えです。         

s-DSCF1607.jpg    

いかにもプロ用という、実用的な作りのものが
中心です。地階もあって、業務用大鍋などが
並んでいました。     

               s-DSCF1606.jpg

髪が真っ白なおばあちゃん、リュック背負って
買い出しです。わたしも頑張らなくちゃ!

s-DSC03813.jpg

楕円の銅鍋が欲しくて、ここまで来たんですよね。
ストウブやルクルゼのものなら東京で買えます
けど、重くて腱鞘炎を起こしそうです。

これは薄手の方の銅鍋なので、負担感のない
重さ。1.9kgで 137.2€ あとで少し税金が戻り
ますから、実質15,000円くらいです。

鶏のお腹に餅米を詰めて蒸し煮にしたり、お魚を
1匹だけ煮るときとか、楕円なら煮汁が無駄に
たくさんいらないしょう?

               s-DSC03828.jpg

これはドレッシングを入れて、左から注ぐと
普通の配合で、右から注ぐと下のビネガーが
出てきてローカロリーになる、という家族で
1人だけがダイエットしていたりするとき使う
ドレッシングサーバー。

ぷちぷちで包んで持ち帰りましたが、片手が
無惨にも...陶器用ボンドで付けたら使える
かしらね?

fish.jpg

真ん中に見える曲がったお魚のケーキ型、在庫が
なくて買えませんでした。
「あれでいいから売ってほしい」と頼んだのですが、
見本だからダメ、とつれない...フランス人はこう
いうところが冷たいわねぇ。

銅のケーキ型は、家庭で使い勝手のよさそうな
小ぶりなものもあるし、デザインのバリエーション
も多くて、ここが一番充実していました。



つぎに LA BOVIDA(ラ・ボヴィダ)へ。

1Fは調理器具、2Fはバー向けの調度、グラス
など。3Fは小物がぎっしり。

s-DSC00384.jpg

右に見えるレンゲは普通の大きさです。
つまりタジン鍋はミニチュア。カップはぐい呑み
くらい。小皿はお醤油皿サイズ。アミューズを
のせたり、ブフェで並べたりするのでしょう。

               s-DSC00383.jpg

テリーヌ型も、細長いタイプ・横幅広めタイプの
それぞれに、5サイズくらい揃っています。
一番小さいものは2€ くらいからと、とてもお安い。

テリーヌを少しだけ作るのは面倒。器がこんな
お値段なら、まとめて作って器ごと差し上げる
のも気楽なのに...

s-DSC00381.jpg

円形や、楕円形のお鍋風デザインのセラミック
のココットです。

               s-DSC03820.jpg

これだけお買いあげ。

小さいテリーヌ型は外寸がタバコの箱くらい。
内のりはマッチ箱?程度。フォアグラムース
とか、たくさん作ったら材料費で破産しそうな
ものを作るのに良さそう。
おつまみのオリーブを入れたり、蓋ものとしても
どんどん使えますね。

楕円のお鍋型のは、面白いから買ったけど何に
使おうかな?これはセラミックだから16.81€ も
しました。

アンチョビーの缶詰型の入れ物愉快でしょう?
プルタブの部分を壊さず持ち帰れて、ほっ。
アンチョビーやオイルサーディンを1缶食べきら
なかったとき、移し替えて保存するための器
だと思うけど、日本人なら爪楊枝入れにすると
ちょうどぴったり。



次は日本人に一番人気のMORAに向かいますが、
その直前、Le Cochon à l’Oreille というビストロを
見つけ、しばし見とれました。

「ぶたの耳」という店名ですが、ぶたさんの鼻に
ビンビン来るんですよ。絶対ここいけると思うん
ですが、今の私はお食事時間じゃありません。

帰国して調べたら、Google map に店名が載って
いますし、老舗と思われます。

s-DSC00387tr.jpg

気づいたら隣が目的地MORAでした。
写真を合成したら、道が曲がってるみたいに
なっちゃいましたが、実際はまっすぐな道のお隣
同士です。

s-DSC00391.jpg

ここも1814年創業の老舗で、製菓用調理器具を中心
に扱っています。

s-DSC03805.jpgs-DSC03806.jpg

エスプーマのボトルに材料を入れるための
濾し器とジョウゴのセットです。右のように
セットして使います。

網がとても丈夫で、ぐいぐい濾しても平気そう。
網だけボールに重ねて使っても便利そうなので
エスプーマ持ってないのに買っちゃいました。

出汁を取る時には2回分とって、半分をガラスの
冷水筒に保存しますが、そのとき大活躍してくれ
ます。ザバ~っとお鍋をあけられ、作業がとっても
気軽。一生でどれだけ得するかしら(^^*)

s-DSC03807.jpgs-DSC03808.jpg

茶こし?取っ手の部分を握ると、ぱくっと開きます。
削り鰹なんか入れても良いと思います。

思いの外大きくて、マグカップや冷水筒にこれを
入れてお茶を作ることができません。
お鍋でないとちゃぷちゃぷできません(T_T;)

両方で33.49€ 明細は忘れてしまって...

               s-DSC00392.jpg

銅のケーキ型はこれだけ。右上端の、ものすごく
高さのあるサヴォア型は昔ながらの伝統的な形。
アンティークを探さなくてもここで買えるんですねぇ..
と知ったら、すごく欲しかったのがどうでもよくなった。
深いと焼き加減難しそうだし...と理性が蘇る。



時間があったので、戻って最後に、a.simon(アー・シモン)
です。

s-DSC00748.JPG

食器は調理器具と違ってトータルで揃えないと
いけませんから、買って帰るということは無理
ですね。ここで見ていると普通の大きさに感じ
ますが、日本に持って買えると少し大きすぎる
のではないか?という懸念もあります。


これで道具屋さん巡りはおしまいにして、いったん
ホテルに荷物を置きに戻ります。この日のために
ここから歩いて帰れるホテルに陣取っていたのよ。


  
各店の詳しいデータは記事の末尾にまとめました。   


  その4(レ・ブキニスト)−ヨーロッパ旅行−その6(Hotel de Ville)


パリは一度行くと、ますます行きたくなりそうね、のぽちっ
人気ブログランキングへ



E.DEHILLERIN(ドゥイルラン)

値札は商品のうち代表的なものにしかついて
いません。サイズ違い商品の価格などは、近くに
下がっている価格表でチェックするシステム。

勝手の分かったプロ向け、という商品と陳列方法
ですが、価格的には最もお安かったと思います。

s-DSCF1611.jpg

手が届かないように飾ってある商品は見本で、
注文すると奥から品物を出してくれます。

外国人買い物客担当?の陽気なおじちゃんは
英語が堪能+片言の日本語その他数カ国語
で注文に応じてくれます。

所定の金額を超えるお買い物にはVAT返還
に必要な書類を作成してくれます。

公式ウェブサイトは仏・英が選べます。

18 rue Coquilliere 75001 Paris
TEL 01 42 36 53 13


LA BOVIDA(ラ・ボヴィダ)

Bovida.jpg

3階建ての明るい店舗はデパート感覚です。

すべての商品に値段のシールがついてます。
スーパーのように、陳列されたものから好きな
商品をカゴに入れてレジに行くシステムです
から、言葉の心配はいりません。

プロでなくてもお買い物しやすい雰囲気です。
価格的にもお買い得感がありました。               

ウェブサイトはフランス語のみですが、通販
カタログPDFも充実して、全商品がカタログに
掲載されているようです。

36 rue Montmartre 75001 Paris
TEL 01 42 36 09 99


MORA(モラ)

s-DSC00387.jpg

老舗ですが、新感覚のアイディア商品の類は
ここが一番豊富でした。

いわゆる業務用というよりも、お料理大好き
グルメマダムの、広くて豪華なシステムキッチン
に似合いそうな、材質もデザインも高級感の
あるものが揃います。
その分お値段も一番高いです。

日本人の店員さんがいて、言葉の心配がいら
ないのが日本で有名になった理由かな?

ウェブサイトはフランス語のみです。

13 rue Montmartre 75001 PARIS
TEL 01 45 08 19 24


a.simon(アー・シモン)

s-simon.jpg

ウェブサイトのトップページがとってもお洒落。
フランス語のみですが...

食器・グラスのお店と、調理・製菓器具のお店と
並んでいて入り口が別になっています。

食器はシンプルな白いものがほとんどで、様々な
デザインのものが揃います。和食にも使えそうな
四角いものなどもあります。

48 rue Montmartre 75002 PARIS
TEL 01 42 33 71 65
               

地図を拡大すると、上記4店はちゃんと店名が
出るのはさすがです。

Rue MontmartreとRue Étienne Marcel の
交差点AがLA BOVIDA。ここを起点に

・Rue Montmartre の北(上方向)右側の数軒
先に a.simon。

・南(下方向)に少し進んだ左側に MORA

・Rue Jean-Jacques Rousseau(左斜め下)
を進み大きな交差点の角が E.DEHILLERIN


Les Hallesの駅から、MORA→LA BOVIDA
→a.simon→E.DEHILLERIN と反時計回りを
するか、あるいは反対にE.DEHILLERIN から
始めて時計回りするか?

どこのお店で重たいものを買いそうか?どこ
いらで食事時間になるか?計算して道順を
計画しましょう。歩く距離だけなら1km足らず
ですから、どの程度じっくり品定めをするか?
で所要時間が決まります。


Les Halles駅とE.DEHILLERIN の中間にある
Au Pied de Cochon は有名なビストロです。
三十数年前から評判を聞いて憧れていたので
お店の前を通っただけでも感激しました。

お昼に高級ランチを頂いてから2時間くらい
しか経っていないのですから、見つけたからと
いって入るわけにもいかず、涙をのみました。

24時間営業というのが、フランスではびっくり
ものですね。それでも予約しないと席がとり
づらいのでしょうか?ウェブサイトに予約
フォームがあります。

お店が24時間営業でも、お腹は日に3度しか
食事したくならないですからねぇ、時分どき
には混むのかも...





View Larger Map


コメント(2)

まりあさん、こんばんは〜。
私も今月、初めてかつて憧れだったフランスへ行ってきました。
といってもツアーでちょっとだけだったので堪能できず。
パリは人が多くて、治安もそんなによくなさそうで、疲れちゃいました。

個人旅行だと、自分の食べたいものを選べていいですね。
でもカップルじゃないとダメなのかぁ・・・。ぐっすん。

この茶こし持ってました。
2サイズ置いてあって、小さい方にしたのでマグカップには入ります。
でも茶葉が動く隙間がないので、おいしい紅茶は入れられません。
結局いつのまにか行方不明に・・・。
かわいいんだけど実用的ではないですよね〜?

ひまぞさん、お久しぶり~ ご来訪ありがとうございます。

お返事遅くてごめんなさい。このブログ、IEだとコメントが見えないんです。
「コメントがありました」メールが配信されるように設定してチェックしているん
ですが、ときどきメールが来ないことがあって見落とします。m(_._)m


ツアーのブログ拝見しました。
万博+ドイツ+スイス+パリを1週間で、はすごいですねぇ。


パリは観光客だらけで、びっくりしました。
個人旅行だと、地下鉄を乗り換えまくるので、夜になると足がぱんぱんです。
エスカレーターもないし、乗り換え通路は長いし。バリアフリーなんて
観念は欠落していますね。フランス人が早く引退して田舎暮らしをしたがる
のが理解できます。


行きの飛行機で風邪を引いてしまったこともあって、パリは大変でした。
いろいろ素晴らしいものがあるけど、あんまりくつろげる町ではありませんね。
でもN.Y.もロンドンも、「一度いったからもういいかなぁ」という感じだけど、
パリはまたいけたらいいなぁ、と思います。


茶こし、小さい方だとリーフがジャンピングしないのか...どっちに
してもうまくいかないのね。私は結局朝おみそ汁作るとき、削り鰹いれて
シャパシャパするのに使っています。さっと取り出せて時間の節約。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アクセスランキング

LINKS


SSS多読について知りたい

本のレベル・語数・あらすじ

Scholastic 語数調べ

児童書シリーズを調べる

本の立読み・試聴ができる

大学図書の洋書を探そう!

酒井先生のブログ

ボストンからの洋書ご紹介

メルマガのお申し込み

コージーミステリの館

「大人の英語多読入門」ブログ



ポイント ちょびリッチ
・紀伊国屋WEBでポイント貯めて Amazonでお買い物


・世界のホテルを自分で予約

本のご紹介

私の本(含む共著)


やさしい洋書ガイド


大人のための英語多読入門


ミステリではじめる英語100万語


英語多読完全ブックガイド 4版

連載記事があります


多聴多読マガジン2013年8月号[CD付]

恩師酒井先生の本
多読のおとも

めざせ100万語! 読書記録手帳

全部見えます

ミステリで100万語収録本
表紙をクリックしてね!


YL0〜1の本

YL1〜2の本

YL2の本(1)

YL2の本(2)

YL3の本(1)

YL3の本(2)

YL4の本(1)

YL4の本(2)

YK5の本(1)

YL5の本(2)

YL6の本

YL7の本(1)Ccozy

YL7の本(2)Cozy

YL8の本(1)

YL8の本(2)

 by G-Tools

月別 アーカイブ

アイテム

  • s-2014-06-19 21.44.27.jpg
  • s-2014-06-19 21.42.55.jpg
  • s-2014-06-19 21.46.48.jpg
  • s-2014-06-19 20.52.56.jpg
  • s-2014-06-19 20.56.31.jpg
  • s-IstanbulCevahir.jpg
  • ダウンロード.jpg
  • s-IMG_6512.jpg
  • s-IMG_6510.jpg
  • s-IMG_6519.jpg