英語教科書プログレス

| コメント(14)

2007/12/05 水曜日

え〜、以前からご質問の出ていた酒井先生の大嫌いな
英語教材プログレスです、はぁ〜 
採択されている学校の生徒にも、つまらないと不評です。

画像

指導要領で学ぶべきとされた文法事項をがーっと並べた
ような、日本人英語の本です。

イエズス会系の神父様が作られたものなので、ずっと
カトリック系中高一貫校で使われてきました。
そうした学校が受験で成果を上げていることから、
非カトリックの私立校でも採択が増えているようです。

 


書店で市販されておらず、なにか秘密っぽいところから、
なんとか手に入れようと躍起になるお母様もおられる
ようです。

大阪のエデック社に電話して購入できると思います。


文部省教科書への不信感も手伝って人気を高めている
様子ですが、つまらないですから、子どもを英語嫌いに
する危険大。
わざわざ手に入れてまで使う必要があるとは思いませんが。


どうしても文法をしっかりやらせたい場合は何度もお薦め
しているGrammar in Useの方がずっと良いです。

うちではプログレスは1だけさっとやって、あとはGrammar
in Use にしましたが、Grammar in Useは学校の文法よりも
楽でぜんぜん辛くなかったといいます。

Grammar in Useの赤を終えたあと中2の秋からSEGに
通わせて、もうお任せしてしまいました。


このプログレスを完全暗記させ、徹底的に覚え込ませる塾
というのも、よく折り込みが入ってきますが、こんな日本人
英語を暗記するのは良いことだと思いません。


神様の教えを説くのがお仕事で、俗世間のお話をしない、
神父様のお作りになったテキストですから、普通の英米人
の日常会話ができるようにはなりませんよ。


このテキストの正しい使い方は、徹底暗記などするのでは
なく、3ヶ月くらいでさ〜っと流して、語順とかだいたいの
英語の骨組みへの基礎的な知識を教え、多読をさせる
ことです。

多読のみでしっかり英語を身につけさせるのは、半端で
ない量を読ませる必要があり、英語0の状態から多読で
身につけさすのは指導力もいりますから、それを文法を
学ぶことで補おう、ということですね。

プログレスを1度さ〜っと流しておくと、多読の導入が簡単
になると思います。


古くからプログレスを使い、受験校としても成果を上げて
いる学校では、だいたい半年程度で1冊を仕上げ、GR
などの副教材を何冊か読ませたり、会話の授業などの
時間もとっています。

こういう学校の生徒は我慢強く勉強する子どもたちなん
ですよ。その辛抱強さが大学受験成果に表れているの
であって、プログレスを使えば受かる、ってもんじゃない
だろうと思うんですがねぇ..


ところが最近、そんなに我慢強い子を集めているわけでは
ない学校が、単にプログレスを採択すると志願者が増える
ということで導入し、生徒に辛い思いをさせたりしているよう
です。


検定教科書のようにあんちょこや準拠ドリルが市販されて
いませんから、自宅学習用教材サイトなども開設され、
荒稼ぎしているようですね。

現在のプログレス21以前の旧プログレスのときには、
エデック社が準拠ドリルと解答を出していました。
21にもあるのではないかしら?


わざわざ求めてまでやる必要にないテキストであるとは
いえ、実際学校で採択していたら付き合うしかありません。

プログレスのつまらなさを救うのは、やはり多読だと思い
ます。プログレスで説明されるつまらないと感じていた
文法も、具体的な使用例に出会う機会がたくさんあれば、
「ああこんな風に使うのね」と出会いが楽しくなるのでは
ないでしょうか?

出てくる単語数も多く、暗記事項も多いので多読にまで
時間が回らない、と気持ちが焦るかもしれません。

でも文法だけを必死に暗記することがそれ程能率が良い
かどうか...多読も並行し、習った文法事項を適用して
みることで身に付く、ということも十分考えられます。


なんとか時間を捻出して、多読も併用しないと辛い思い
ばっかりして、特に英語ができるわけではない結果に
終わりますから、やめられるお稽古ごとはやめるとか、
休日の時間の使い方を工夫するとかしないと。


時間が足りないなら、単語の暗記を手伝うことです。
通学時間が長いとか、単語カード式が好きなら、カードを
作って上げましょう。

手書きは良くありません。パソコンで印刷して作ります。
単語は外郭のパターン認識が大切だからです。綴りでは
なく形で認識出来ないと、英米人並みのスピードで読め
ないと思います。


単語カードを人前で使うことを嫌がる様子ならミニテスト
方式にします。

1. 本 ___________ 2. ノート ______________
3. 鉛筆 __________  4. 自転車 ______________

とか10日10題くらいのミニテストを作り、朝ご飯の前にでも
やらせます。間違えたものは、もう一度帰宅後おやつでも
食べるとき復習。

このとき朝出来ていたものは削除して、その分次のページの
新しい単語を加え、10題やらせます。もしまぐれではないかと
思っても1度正解したら削除します。間違えたものは何度でも
出題します。

1日10題を朝と帰宅後2回ずつ回していけば、試験までには
すべて覚えていられると思いますが。


ふ〜、大変ですね。でも英語が出来るようにさせたいのは
親なんだからしょーがないと思ってやりましたね。
結果、私単語いっぱい覚えまひた。あはは



人気blogランキングへ励ましのぽちっ

画像

コメント(14)

えらいですね。

とんでらさん、おはようございます。HNは「飛んでら」なのでしょうか。「トンでら」ならお仲間。
まったく文部省がもっと英語教育をきちんと考えてくれないと、親子ともにえらい目です。もっとも英語は役立たないのが目立つだけで、昨日の新聞によれば科学教育の方も国際的にダメになっているらしいですが...

 こんばんは、ナビィです。
 私、中学・高校とカトリック系学校だったので、中学時代プログレスを使っていました。詳しくは覚えてないのですが、高校生になって普通の教科書を見たときに簡単だなぁと思いました。多分中学のうちに高校1年生ぐらいのレベルまでやっていたのだろうと思います。でも、一番強烈だったのは外国人のシスターの授業。当時はまだ珍しかったと思われるLL教室で、容赦なく英語を聞いて、シスターの質問に答える、っていう感じでした。でも、私はわりとそのシスターが好きだったので、英語に対する恐怖心みたいなものは少なくなったと思います。だから多読にもすんなり入っていけたのかなぁとも思います。
 話が横道にそれてしまってすみません。

ぶひママンさん、こんにちは。

いつも詳しい説明ありがとうございます。

プログレスって神父さんが作ったのに
日本人英語だったのですか。
てっきりネイティブの神父さんが作ったと
思っていたので、何故問題があるのかと
思っていたのですが、日本人の神父さんが
作られたって事のようですね。

>大変ですね。でも英語が出来るよう
>にさせたいのは親なんだからしょーがない
>と思ってやりましたね。

そうだったのですか。
やはり、どこも親は大変なのですね。
単語の勉強方法は、前のブログに書かれていた
事を参考にし、やっています。
おかげ様で、その時しのぎの単語テストは
できるようになりました。

文法をざっと流して多読に活かすというのも
ひとつの方法なのですね。
(酒井先生は、やらない方がいいとおっしゃるかもしれませんが)

以前、ORT-5位ならGrammar in Useを
使っても解けると書かれていたと思うのですが、Grammar in Useの赤というのは、
Basic Grammar in Useのことでしょうか?

 ナビィさん、今晩は。プログレス+LL教室での会話だったのですね。プログレスだけだと英語のガイコツみたいなものですから、+多読や会話、LL授業など必要ですよね。さし絵が下手で笑えましたよね? プログレス21のさし絵も変わっていないような噂です。

 マロンさん、今晩は。酒井先生は創案者ですから、いつも最も理想形の多読について語られます。学校現場の先生、塾講師、親には、それぞれ理想通りには出来ない避けがたい事情というものがあることはご承知で、頑固にバリエーションを否定されているわけではありません。ただ先生自身がそれを認めてしまうと、多読は限りなく変形し最後には形骸もとどめないものになってしまうおそれがありますから、いつも理想形を語られているだけです。
 Grammar in Useの赤はEssentialで、中学1?3年レベルです。白い(銀色?)Basicの方がやさしいです。中学校検定教科書と併用するなら白のBasic、プログレス1?2と併用する場合は赤いEssential、プログレス3と併用したい場合は青いEnglish Grammar in Useがちょうど良いかと思いますが。
 

 愛沙さん、せっかくコメント頂いたのに申し訳ありません、記事の空欄がものすごく長く、他の方のコメントが見えなくなってしまいますので、恐縮ですが削除させて頂きました。

遅ればせながら

私は、中学生2人に中2からプログレスを使った授業をしています。初めてプログレスを使用してみたのですが、現在中3の2人に約2年間使ってみた感想は(プログレス21とプログレス22)、多読への補助になると感じます。ある程度知識のある状態でプログレスを進めると文法事項の整理のような感じになり、子供たちは米国の歴史関連の読み物も楽しんで読んでいますし、なかなかいい感じだと思って使用して来ました。

中学校で中1から使うのとは使い方が異なりますが、プログレスのこんな使い方もあるというご紹介です。細かく文法事項を確認していくので、これをありがたいと思うか、説明が細かくて難しいと思うか、ですね。

私は、文法的に説明すると回りくどくこういう説明になるけれども例文で見ようね、というやり方なので、子供たちはそれほどストレスなく学んでいるように思います。もちろん暗記はさせていません。多読で実際にたくさん使用例に触れればわかるだろうというスタンスです。

今さらなコメント失礼します。

 Lilyさん、ご来訪ありがとうございます。
 プログレス22というのがあるのは知りませんでした;;(^ ^);; 21になってずいぶんとっつきやすいものにやったと思いますが、さらに堅苦しさがとれたのでしょうか?
 なんとかとはさみも使いよう、と昔からいいますが、プログレスも上手に使えば多読の能率を上げられると思います。生徒さんの英語力を上げるため、創意工夫していらっしゃる先生がおられるのはとても嬉しいことです。
Happy Reading!

ぶひママンさま

すみません。勝手な思い込みでいい加減なことを書いてしまいました。
プログレス21はVersion2のbook1だから、Version2のbook2は、プログレス22なのだと勝手に思って書き込みました。見てみたらプログレス21 book2となっていました。混乱させてすみませんでした。私が使用しているのはプログレス21のbook1とbook2でした。このbook2までで、普通の中学生には十分だと思いました。

プログレスはロバート M フリン神父の作った授業プリントからできているので、日本人英語ではありません。
それに、とてもよくできた教材でした。私はこれで英語が好きになりました。もちろん、別の教材を高校では使いましたし、Z会にもお世話になりましたが、英語の下地はプログレスでできたものだと思っています。
とても良い教材だと思いますよ。指導者に依りますが。
最近はZ会のトレジャーが良いと聞きますね。指導側もあんちょこがあって便利だと聞きました。Z会は解説も定評があるので、授業でテキストとして使えるならすばらしいなと思います。

 プログレスで育ったさん、初めまして。プログレスが辛くて英語嫌いになる生徒が多い中、英語が好きになられて良かったですね。指導された先生の力量が高かったのかも知れません。「日本人英語」といういい方がお気に召さなければ、「日本人に学びやすいところを抜き出した英語」です。たくさんの洋書を読まれたら、ネイティブの使う英語との違いに気づかれるでしょう。ちなみにプログレス21の執筆者は、中高1貫校の日本人の先生です。
 どのみち、語学は教科書だけで到底マスターしきれるものではなく、まあどうでも良いことでもありますが。

始めてコメントします。うちの体験談?みたいな感じでコメントさせてください。
うちの子供(現在中3年生)も学校がプログレス(しかも旧)を使用していることもあり、旧プログレス専門の塾に週1回かよっています。BOOK1を見て開いた本を閉じたくなりましたが、BOOK2を見てさらに閉じたくなるほど、英語の文書だらけのテキストです。幸い良い先生に恵まれ、塾ではレビューまで完全にやりこなしています。現在はbook3が終わるところですが、英検の準2級はまったく勉強しなくても合格できました。今後はduoなどのテキストを使ってセンター試験に備えるそうですが、このテキストはおっしゃる通り英語を嫌いになる可能性も高いと感じています。
しかし、決して悪いテキストではないのだと私は思います。
私の母はネイティブ英語が話せます。(アメリカ人と結婚しているので)しかし、英語の文法をしっかり勉強したことがないので、高校の英語のテストを見せても特に文法のカッコの穴埋めなどまるで出来ませんでした。日本の英語のテストがこのような状態である限り、詰め込み式の英語の勉強をするのは仕方のないことなのかな?と思いました。母のお友達に津田塾の英文科を卒業した方がいたのですが、アメリカに行った当初はまったく英語がしゃべれませんでした。ネイティブ英語に慣れていなかったのですね。しかし、さすが文法がしっかり頭に叩き込まれているため、3ヶ月ほどですっかりしゃべれるようになったそうです。日本独特の勉強も無駄ではないのだと思いました。
いずれにしても現在の日本の英語教育は英語が話せるようになる教育になってない場合が多いということですね!10年後を期待したいと思います。ながながと失礼いたしました。

 kkさん、はじめまして。お子さん旧プログレスでは大変ですね。でも乗り切れているようで、良かった!確かにおっしゃるように悪いわけではない。万人向きではない、耐えられない子どももいる、ということと、さらに会話や多読などを組み合わせる必要があって、良い指導者に恵まれる必要もある、ということです。優秀な生徒が優秀な教師に恵まれれば、かなりの英語力がつくことは確かです。
 ただ、今は英語素材も圧倒的に増えて価格的にも安価に手に入るようになっているので、もっとずっと楽に英語を身につけられる方法があるはず、学校で採択されていないのに進んでこのテキストに拘ることはないだろうと思います。
 日本人が英語が話せないのは、話す機会がないことも大きく影響していて、学校英語だけの責任ではないと考えています。言葉は数学や物理と違って必要に迫られて身に付く部分も大きく、英語がどうしても必要な環境になることで教育も変わるかな?と期待しています。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アクセスランキング

LINKS


SSS多読について知りたい

本のレベル・語数・あらすじ

Scholastic 語数調べ

児童書シリーズを調べる

本の立読み・試聴ができる

大学図書の洋書を探そう!

酒井先生のブログ

ボストンからの洋書ご紹介

メルマガのお申し込み

コージーミステリの館

「大人の英語多読入門」ブログ



ポイント ちょびリッチ
・紀伊国屋WEBでポイント貯めて Amazonでお買い物


・世界のホテルを自分で予約

本のご紹介

私の本(含む共著)


やさしい洋書ガイド


大人のための英語多読入門


ミステリではじめる英語100万語


英語多読完全ブックガイド 4版

連載記事があります


多聴多読マガジン2013年8月号[CD付]

恩師酒井先生の本
多読のおとも

めざせ100万語! 読書記録手帳

全部見えます

ミステリで100万語収録本
表紙をクリックしてね!


YL0〜1の本

YL1〜2の本

YL2の本(1)

YL2の本(2)

YL3の本(1)

YL3の本(2)

YL4の本(1)

YL4の本(2)

YK5の本(1)

YL5の本(2)

YL6の本

YL7の本(1)Ccozy

YL7の本(2)Cozy

YL8の本(1)

YL8の本(2)

 by G-Tools

月別 アーカイブ

アイテム

  • s-2014-06-19 21.44.27.jpg
  • s-2014-06-19 21.42.55.jpg
  • s-2014-06-19 21.46.48.jpg
  • s-2014-06-19 20.52.56.jpg
  • s-2014-06-19 20.56.31.jpg
  • s-IstanbulCevahir.jpg
  • ダウンロード.jpg
  • s-IMG_6512.jpg
  • s-IMG_6510.jpg
  • s-IMG_6519.jpg