先取り学習は3倍の時間を奪う

| コメント(13)
2007/06/27 水曜日

3歳で九九、4歳で小学生の漢字とか、5歳で中学英単語など、
先取り学習がお好きなお母様方がいらっしゃいます。

先取りして、どういうメリットがあるのかよ〜く考えてみて下さい。


5歳まで待てばすぐにできることを、4歳のうちに出来るように
しようとすると、3倍も時間がかかったりします。
塾は儲かりますから、それが良いことのように宣伝します。


先へ先へと前倒しすることは、発達に合わせて学んでいる
子どもに較べて、いつも何倍もの学習時間を費やすことに
なります。
当然その分他のことが手薄になります。


自由に遊ぶ時間が減れば、自発性が失われるかも知れません。
友達とスムースな人間関係を作ることが苦手になるかも知れ
ません。自分の身の回りのことを自分でする自立が遅れる
可能性もあります。


お手伝いをしなくなれば、自分が何かの役に立っている、
という充足感がなく、生命感覚が希薄になるおそれすら
あります。



子どもには学び頃があります。ちょうど良い年齢で教えれば
すんなり覚えます。あまりあとになっても覚えられなくな.ること
もあります。



幼児期は、人間が一番正義感の強い時期です。挨拶などの
礼儀や、約束を守ること、お年寄りやもっと幼い子をいたわる
ことなどの学び頃です。特に我慢することはここでしか教えられ
ないでしょう。あとから急に教えようとしてもキレられるがオチです。


この時期を、7歳・9歳で学べばすむことのために費やしていると、
本来身につけているべきことが身に付かず、あとになって教え
ようとするとまた時季はずれで、3倍苦労するに違いありません。


子どもを思いのままに出来る時期に、ほんの少し優越感を感
じるために先取り学習に走ることは、あとで大きなしっぺ返しを
喰らうことになりかねません。


子どもに英語を学ばせ国際的に活躍させたい、と夢見るならば、
平均的日本人以上に個性や独創性に富み、チャーミングな人間
に育てる必要があります。


アメリカの児童書では、学校での授業の様子が分かるものが
たくさんあります。知識として教えることはごく少しで、調べ学習や
発表学習がほとんどであることが分かります。それらをグループで
やることも多い様子です。Show & Tell のような表現練習もあります。


The Beast in Ms. Rooney's Room (The Kids of the Polk Street School)  
The Beast in Ms. Rooney's Room (The Kids of the Polk Street School)
Patricia Reilly Giff / Yearling (1984-09-01)
Amazonの価格:¥ 525 / 紀伊國屋書店の価格を調べる

☆☆☆☆
YL 2.5〜3.5
総語数  8,609語 
 


日本では、学校といえば詰め込み教育がほとんどになりますから、
アメリカの大学・大学院に留学しても、小学校の6年間を自発性や
独創性の開発、発表・表現力の養成、グループワーク訓練に当てて
きたアメリカ人学生の中で存在感を示すのは大変です。
英語さえ出来れば、なんて考えが甘いのです。


国際的に活躍するためには、そこが母国である人以上に「強く」
なければなりません。体力も気力も個性も、そして自分を律する
ことにも。


よその子よりも早く九九や漢字や英単語を覚えさせるために
費やす時間なんて残っていません。
人気blogランキングへ励ましのぽちっ 画像

コメント(13)

同感です!

macskaさん、ご賛同のエールをありがとうございました("-")

ままんさん、こんにちは。
バランスなんでしょうか。お手伝いや創造性・・・(勉強はぬきにしても)現在進行形の子育てママとしてはアタフタしているうちに、一日が終わってる!というかんじです。ここ数日は流行風邪に翻弄されました(==)毎日がほぼ「やりかけ」で公園行ったら、郵便局へ行くの忘れたりしてます。ぴっちりできる方もいるんですよねえ・・・なんだかんだ言って、幼稚園へ行く以外でがんばろう!と思うのは、ばあばとの時間・・・かしら。小学校に入ったら、もっと会えなくなっちゃうかなあ・・・・という、勉強までも辿り着かない状況で、逆にあらら・・・情けないコメントでした。
いずれにしても、ゆったり楽しめるゆとりをもちたいな、と感じました。これからも、よろしくお願いします♪

子どもにお手伝いさせるのは、最初が大変なんですよね。上手に出来るようになるまでは、自分でやってしまう方がよほど早く、ついついちゃちゃっとやってしまいますが、そこを我慢しないと...最初は決めたことひとつ、例えば新聞を取ってくる、とか食卓に家族のお箸を並べるとか毎日必ず。だんだんに出来ることを増やして、お母さんが忙しいときに声をかけて手伝って貰う。臨機応変に自分の判断で、お手伝いを出来るようになるのが最終段階ですが、場を読んで必要なことを分担できるようになったら、大人になって職場でも気働きのある人と認められることでしょう。
 おばあちゃんがいる方は、おばあちゃんのところで教えて貰って上手にできるようになったら、家で実際に手伝った貰う、という手もありますよ。
 とにかく焦らず、ゆったり。気持ちを落ち着けた方が、たくさんのことができるものです。

こんにちわ
私も同感です。我が家は、息子は。成人しました。娘は高校生ですので、子育て完成期ですけど、最近の子どもを取り巻く環境の変化に驚くばかりです。仕事関係で、最近のお母さん(0歳から小学生の保護者)の話を聞くことが多いのですが、習いごとも多さにびっくりです。土日も含めて、ほとんど毎日予定があるみたいです。 この子はいつ友だちと遊ぶの???。私
が、子育てをはじめたとき「ちょっと待て早期教育」をいう本を読んで、感化されて、習い事はなるべく少なくしようと思いました。

つづきです。その本には、早期教育のデメリットがいろいろ書いてありました。子どもの自由な時間を奪うこと。その年齢しかできないことがあるということ。この時期「創造的に遊ぶこと」が大切だってこと。うちの子は、本当によく遊びました。お父さんがいる土日までも「××くんっちいってくる」と出かけようとするのをご迷惑なので止めるのに苦労したくらいです。TVゲームも1人で黙ってやるのではなく、コントローラーを交代しながら、ぎゃあぎゃあやっていました。ゲームが、コミニュケイションの道具になっているような遊び方でした。
写真をみても小学生時代は生き生きしていましたね。

ハープさん、ママンさん、こんばんは。
丁度主人の母に、そんな話をしながら帰ってきました・・・娘の友人(ママ?)たちは、夏休みから(小学校入学のために)習い事を増やす計画中。週に4?5日が平均みたい。公園が少ないのも暑いばかりではなさそうで(^^)・・・。お誘いもあり悩みつつも、月に2回のお稽古一つで手がいっぱいです。お2人のご意見をうかがって、それでもいいか?と思いました。
 おばあちゃんにお願いする『お手伝い』、こちらは早速やってみたいです!そうかあ、その手があったかあ、とホッとしました。夏休みは一週間くらい泊らせようかな?ママが怒鳴るよりいいかも・・・お知恵ありがとうございます♪

ハープさん、ご来訪ありがとうございます。お稽古ごと賛成派なんですけれど、週2回くらいにすべきかなぁ、3回が限度ではないかしら?と思っていますが、近くに遊び友達がいなくて、ほとんどお遊びのお稽古に通うとか、いろいろ事情もおありでしょうから、一概に決めつけられませんけどね。
 ゲームも、1台を数人で..という場合なら遊ぶ時間も短いし、ルールも守らねばならず我慢もいりますから、それなりの効用もありますよね。1人1台が当たり前、と豊かになりすぎて問題が大きくなったように思います。

あまりに感動、大賛成の賛成です。
地域の小学校のボランティアでテニスしてる関係で、多くはないですが、お子さんたちとの付き合いがあります。
もう、ほんとにそうなんです。
まりあさんの書いてる通りです。
一定の年齢になってからやれば、あっという間にできるのに、という場面、いくつも見てきました。

もう少し詳細に言えば、一定年齢というより、コドモ同士ってかなり個人差があって、Aちゃんの場合は、3年生の1学期にやらせても全然ぱっとしなかったので、それは後回しにして、今はコッチを先にしておこ、といった判断をその都度おこないます。同じことを4年生になってから導入したら急速に身に付けた、といったことが頻繁にあります。同じことがBちゃんの場合は、2年生の時に一発で身に付けた、ということもあるので、何でも一度は試した上で、今、合わないことは後回し、というふうにします。多読の後回し原則です。これはAちゃんが遅れているという意味ではなく、やることの内容別に、一人一人、今は伸び易そう/伸びにくそう、という違いがあるんですね。
少人数相手だからこそできる贅沢と思っています。

多読で英語やってくのも同じですね^^。
語数の少ない本の読書だけでも語彙が急速に増えていくなぁ、という実感を得られる一方、量は読めなくて英語に長時間ふれるのが苦痛になってしまうという時期があります。
その反対に、語彙が増える気は全然しないけど、とにかく同レベルなら量は読めるという時期もあります。
今、自分がどういう方面について「伸びどき」なのか、子どもたちとの付き合いが、ずいぶん参考になっています。(自分だって、伸びどきの子どもと同じなんだ?ぃ、と言おうとしてます(笑))

akoさん、ご来訪ありがとうございます。「どういう方面に伸びどき」、分かりやすい説明ですね。
Aちゃんは4歳でこれができたのにBちゃんはまだできない、ということがあったとき、「遅れている」と考える必要はなくて、BちゃんはとっくにできるんだけれどAちゃんにできないこともあるはずです。ところがBちゃんのママとしては、できないところばかりに気がいって不安や焦りを感じがち。こういう不安につけ込む幼児教育商売があったりして問題なんですね。
 5つで神童、15で天才、はたち過ぎればただの人、と昔の人は上手いことをいったものです。ほとんどの子どもはいずれ普通の大人になります、残念ながら(笑)

その通りだと思います!!
娘が赤ちゃんの頃、幼児学習?の方から電話があって、「赤ちゃんでも漢字が分かるんですよ!今からやっておけば…」みたいな事を延々と話され…それに何の意味があるのか理解できませんでした。
今は小学校4年ですが、娘の友達は塾で算数をずいぶん先までやっているのに学校のテストは娘より良くないみたいで…。早く進みすぎ??
その年齢にあったことをバランスよくやっていきたいと思います。

 らぶらぶさん、はじめまして。書き込みに気づかずごめんなさい。
 赤ちゃんに漢字ですか...せめて赤ちゃんにモーツアルト、くらいに留めて欲しいですね。モーツアルトなら少なくとも大人には心地よいですから。
 子どもには「覚え頃」というものがあって、ちょうちょ結びでも文字でもスキップでも、「覚え頃」をうまく捕まえればたちまち出来るようになります。そしてこの「覚え頃」には個人差があって、また順番もそれぞれ違います。すごく早くに「数」を理解しても、文字を覚えるのがずっと後になる子どもや、小さいときから文字を覚えても野菜の名前は覚えられなかったりとか...
 我が子が今どの方向で伸びているのか?何が「覚え頃」になっているのか、見極めることが親の役目だと思いますが、今は様々な教育産業が工夫を凝らして親を不安に陥れて煽りますから、ママさんたちは大変だろうと思います。周りを見るのではなく、我が子をしっかり見ていれば答えは見えてきます。頑張ってね("-")
 
 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アクセスランキング

LINKS


SSS多読について知りたい

本のレベル・語数・あらすじ

Scholastic 語数調べ

児童書シリーズを調べる

本の立読み・試聴ができる

大学図書の洋書を探そう!

酒井先生のブログ

ボストンからの洋書ご紹介

メルマガのお申し込み

コージーミステリの館

「大人の英語多読入門」ブログ



ポイント ちょびリッチ
・紀伊国屋WEBでポイント貯めて Amazonでお買い物


・世界のホテルを自分で予約

本のご紹介

私の本(含む共著)


やさしい洋書ガイド


大人のための英語多読入門


ミステリではじめる英語100万語


英語多読完全ブックガイド 4版

連載記事があります


多聴多読マガジン2013年8月号[CD付]

恩師酒井先生の本
多読のおとも

めざせ100万語! 読書記録手帳

全部見えます

ミステリで100万語収録本
表紙をクリックしてね!


YL0〜1の本

YL1〜2の本

YL2の本(1)

YL2の本(2)

YL3の本(1)

YL3の本(2)

YL4の本(1)

YL4の本(2)

YK5の本(1)

YL5の本(2)

YL6の本

YL7の本(1)Ccozy

YL7の本(2)Cozy

YL8の本(1)

YL8の本(2)

 by G-Tools

月別 アーカイブ

アイテム

  • s-2014-06-19 21.44.27.jpg
  • s-2014-06-19 21.42.55.jpg
  • s-2014-06-19 21.46.48.jpg
  • s-2014-06-19 20.52.56.jpg
  • s-2014-06-19 20.56.31.jpg
  • s-IstanbulCevahir.jpg
  • ダウンロード.jpg
  • s-IMG_6512.jpg
  • s-IMG_6510.jpg
  • s-IMG_6519.jpg